甘酒のアルコール度数は?妊娠中おすすめノンアルコール甘酒

甘酒を飲む時、アルコールが入っていないか気になる!
そんな人のために、甘酒のアルコール度数を調査してみました。
妊娠中にも飲めるノンアルコールの甘酒も紹介します。

スポンサーリンク


甘酒のアルコール度数について

最近、美容や健康への効果がテレビで紹介されていることで、
日常的に甘酒を飲む人が増えています。

しかし、飲む前に気になることがあります。

それは、甘酒にはアルコールが入っているのか?という点です。
甘酒の画像

車を運転する時や妊娠中や授乳中など、
私たちには、アルコール飲料を控えるべき時があります。

そこで今回は、甘酒のアルコール度数を調査してみました。

調査の結果、米麹で作られた甘酒はノンアルコールだったのですが、
酒粕で作られた甘酒には、アルコールが入っていることが判明!
大関と森永の甘酒

しかし、酒粕甘酒のアルコール度数は1%未満と微量なものでした。

アルコール度数が1%未満の場合は、清涼飲料水となるため、
酒粕甘酒も米麹甘酒も、アルコール飲料ではなかったのです。

酒粕甘酒は清涼飲料水でも、注意が必要?

基本的に清涼飲料水扱いとなっている酒粕甘酒ですが、
それでも運転前や妊娠中に飲むのは危険な時があります。

というのも、甘酒を飲んでいたせいで、
飲酒運転で捕まった人が、過去にいるのです。
調査の画像

つまり、たとえ1%未満のアルコール度数でも、
アルコールに弱い人は、飲酒した反応がでてしまう可能性があるのです。

妊娠中に飲んで害があったというニュースはないと思いますが、
心配な人は、控えておくことをおすすめします。

しかし、米麹甘酒は完全なノンアルコールなので、
運転前も妊娠中も控える必要はありません。
こうじや里村の甘酒

酒粕甘酒と米麹甘酒の基本的な見分け方としては、
原材料に「酒粕」と記載があるかどうかになると思います。

酒粕と記載があれば、1%未満のアルコールが含まれていますので、
アルコールを飲めない時は控えておきましょう。

妊娠中おすすめノンアルコール甘酒

甘酒には完全にアルコールが入っていない米麹甘酒と
アルコール度数1%未満の酒粕甘酒があるとわかりました。

しかし、きちんと見分けられているか心配という人もいると思います。

そこで最後に、妊娠中にも安心して飲める、
おすすめのノンアルコール甘酒を2商品ご紹介します。

まず1つめは、篠崎の「国菊甘酒」です。
国菊あまざけ中身の画像

原材料は、米麹、米のみ。カロリーは100gあたり112kcalです。

お米は、国産米100%使用。

米の方が含有量の多い商品が多い中、
国菊甘酒は、米より米麹の配合が多いことでも人気となっています。

Olympic(オリンピック)など、一部のスーパーで販売もされているので、
市販されていることもあります。

甘酒が苦手でも、国菊甘酒なら飲めるという人も多いので、
ぜひ一度飲んでみてほしい1品です。

2つめの甘酒は、遠藤酒造の「造り酒屋の甘酒」です。
造り酒屋の甘酒の画像

原材料は、米、米麹のみです。

国内産酒米100%使用、精米歩合70%でお米の美味しいところだけを使っています。

先に紹介した国菊甘酒と逆で、米の含有量が多い商品ではありますが、
かなりお米にもこだわっているため、味もピカイチです。

定価だと国菊甘酒の方が安くておすすめなのですが、
プレミア価格がついたり、売り切れることも多いので、
そんな時も、造り酒屋の甘酒は重宝します。

どちらも原材料は米と米麹だけなのに、本当に美味しいです。

美容や健康に気を配りたい時にも米麹の甘酒はおすすめなので、
ぜひあなたも日常的に愛飲してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す