甘酒は太るのか?寝る前に飲むのは間違い?甘酒の太る飲み方

甘酒をダイエット目的で飲んでいたのに、太ってしまった!
でも、なぜ太ったのかわからないと言う人のために、
甘酒で太る理由と、痩せるために重要な3つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク


なぜ甘酒を飲んで太るのか?

ダイエット効果があるとテレビで紹介されてから、甘酒を飲む人が増えています。

甘酒ダイエットに成功した人の中には、2ヶ月で10kg痩せた人もいれば、
たったの2週間で5kg痩せた人もいます。

その効果に期待して多くの人が挑戦するようにもなった甘酒ダイエットですが、
実際に試した人の声を調べると、効果に大きな違いがでていました。

しかも最近は、甘酒で太ったという声の方が増えてきています。
太った画像

飲めば痩せるはずが、逆になぜ甘酒で太ってしまうのか?

甘酒で太る理由を徹底調査してわかった、
多くの人に共通していた3つの間違いをご紹介します。

1.米麹甘酒ではなく、アルコールと砂糖を含む酒粕甘酒を飲んでいた

2.朝食や間食の置き換えではなく、食事量を変えず100ml以上飲んでいた

3.朝や日中ではなく、夜寝る前に甘酒を飲んでいた

なぜこれら3つの飲み方をすると痩せにくくなってしまうのか、
続けて詳しく説明していきたいと思います。

甘酒ダイエットに成功するためのポイントは?

ダイエット効果のある甘酒は、米麹から作られた甘酒です。

米麹甘酒は、米麹で甘みがでるため砂糖不使用のものが多く、
ノンアルコールで栄養価も高いと言われています。

しかし、酒粕甘酒はアルコールが含まれているだけでなく、
砂糖が加えられているものが多いです。

どちらの甘酒も、カロリーは100gで81kcalと紹介されていますが、
砂糖とアルコールの有無に違いがあるため、
ダイエット目的ならば、米麹甘酒を選ぶ必要があるのです。
国菊甘酒の成分画像

そして、米麹甘酒100mlを朝食に置き換えて飲むことが、
甘酒ダイエットに成功しやすい方法です。

甘酒には脂肪を燃焼する働きがあるため、
朝食で摂取すると、日常行動の消費カロリーがアップしやすくなります。

もし、朝食が甘酒100mlだけでは辛い、という場合は、
朝食の飲み物として摂り、その分1日の食事量を少し減らすだけでも大丈夫です。

しかし、自分の年齢に必要な1日の摂取カロリーを超えた食生活をしていた人は、
朝食または間食の置き換えにしないと、効果はでにくいかもしれません。

夜寝る前の甘酒で太る人が多い理由

健康効果の高い甘酒の飲み方は、夜寝る前と紹介したテレビ番組があることで、
ダイエット目的の場合でも、夜寝る前に飲んでしまう人も多くいます。

しかし、ダイエットで飲む時間帯だと、夜寝る前は間違った情報なんです。
時計の画像

ただ、自分の基本的な1日の摂取カロリーを越えていない人であれば、
夜寝る前に甘酒を100ml飲んでも、そうそう太ることはありません。

そして、美容や安眠に効果的な時間帯は、確かに夜寝る前なので、
寝る前に甘酒を飲むメリットはあったりもします。

しかし、睡眠中はエネルギー消費量が少ないため、
100ml以上の甘酒を寝る前に飲むと、太りやすくなる危険があるのです。

意外と低カロリーと言われている甘酒でも、飲み過ぎれば単純に太ります。
甘酒の画像

甘酒ダイエットを間違ったやり方で続けてしまうことは、
逆に太ってしまうだけでなく、胃に負担をかける恐れもあります。

より詳しい甘酒ダイエットの方法をまとめた記事もありますので、
興味のある方は、ぜひ合わせて読んでみてください。
甘酒はいつ飲むのがいい?ダイエットに効果的な飲み方と時間

痩せるためのポイントを知り、守りながら続けていけば、
甘酒ダイエットに成功する可能性はぐんと高くなると思います。

甘酒で太ってしまったと言う人も、もし認識違いのポイントがあったなら、
この機会に、ぜひまた挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す