便秘に効くヨーグルトはこれだ!慢性便秘におすすめの乳酸菌

便秘に効くヨーグルトを食べてみたいけど、どれがいいかわからない。
そんな人のために、便秘に効果的なヨーグルトを徹底調査!
私の10年以上続いた慢性便秘にも効いた乳酸菌を含む商品をご紹介します。

スポンサーリンク


スーパーで買えるヨーグルト10種を徹底調査!

ヨーグルトが便秘に効果的だという話は有名ですが、
最近では、本当は効果がないのでは?という声を多くみかけるようになりました。

そこで今回は、スーパーで買えるヨーグルト10種を徹底調査!
スーパーのヨーグルト写真

何を食べてもスッキリしない10年以上の慢性便秘と付き合ってきた私が、
下記10種のヨーグルトを実際に1ヶ月間ずつ食べ続けてみました。

1.明治ブルガリアヨーグルト(450g)
2.森永乳業 ビヒダス(400g)
3.雪印メグミルク ナチュレ恵megumi(400g)
4.小岩井乳業 生乳100%ヨーグルト(400g)
5.フジッコ カスピ海ヨーグルト(400g)
6.タカナシ LGG生乳100%ヨーグルト(400g)
7.グリコ Bifixビフィックス(375g)
8.明治プロビオヨーグルト LG21(112g)
9.明治プロビオヨーグルト R-1(112g)
10.ダノンビオ(75g)

食べ方は、1ヶ月の中でも1週間ごとに食べる量と時間を変え、
より便秘に効果的な量、摂取時間も調べてみました。
時計の画像

そのため、便秘でヨーグルトを食べるなら、
いつ食べるのがいいか、どのくらいの量を食べればいいかについても、
詳しくご紹介したいと思います。

まだ自分の便秘に効果的なヨーグルトと出会えていない方は、
これから報告する私の体験談を参考にしてもらえたら嬉しいです。

便秘におすすめのヨーグルト「ナチュレ恵megumi」

私が10ヶ月で10種のヨーグルトを食べ続けた結果、
一番便秘に効果があったのは雪印メグミルク「ナチュレ恵megumi」でした。

ナチュレ恵はガセリ菌SP株とビフィズスSP株菌を含んだプレーンヨーグルト。

スーパーでは400gで130円~170円ほどの価格で販売されています。
ナチュレ恵の写真

原材料は生乳と乳製品のみ、100gあたりのカロリーは63kcal、
消費者庁が許可した「特定保健用食品」でもあります。

乳酸菌の含有量は、ガセリ菌SP株が5億以上、ビフィズス菌SP株が10億以上です。

ガセリ菌SP株は内臓脂肪を減らす働きがあるため、
便秘効果よりも、ダイエット効果で注目されている乳酸菌です。

しかし、公式サイトの説明を詳しく読んでいと、
定期的な摂取で便の色やニオイがされた研究結果も紹介されています。

また、ガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株は生きて届く乳酸菌で、
どちらも腸に長くとどまることが科学的に確認されているとのこと。

他のヨーグルトと比べると便秘に効くイメージは薄かったものの、
10年以上の慢性便秘を1番改善してくれたのは、ナチュレ恵でした。

では、どんなふうに食べて、どれだけ効果があったのか、
続けて詳しくお話したいと思います。

便秘に効果的なナチュレ恵megumiの食べ方

ナチュレ恵の1日摂取量は100gが目安となっています。

そのため、私も最初は1日100g食べるようにしていました。

しかし便秘への効果が見られなかったため、
200g、300gと増やしていき、最後の1週間は1日400gで食べました。

すると、1日400gの摂取で私の便秘に大きな変化が!
お腹の画像

今まで3~4日に1回、無理して便を出していた状態から、
1日400gを食べるようになった3日目から便が毎日でるようになったのです。

ちなみに、朝食、昼食、夕食の最後など、
食べる時間も変えながら効果をみていたのですが、
夕食後に400g食べると翌朝に便意があり、一番スムーズに便がでました。

つまり、便秘に効果的なナチュレ恵の食べ方としては、
1日400g(プレーン1個分)を夕食後に食べるのがおすすめということになります。

ナチュレ恵はダイエット効果もあった!

便秘が一番改善した1日1個400g食べを夕食後に続けていると、
運動をしないでも、1週間で1kg、1ヶ月で3kg体重が減りました。

今まで溜まっていた便の量を考えると1kgの減量は普通に思えるものの、
ヨーグルトを食べるだけで1ヶ月3kg痩せたことは驚きでした。

もしかすると、ガセリ菌SP株の内臓脂肪を減らす効果かもしれません。
ダイエットの画像

しかし、お腹周りがスッキリすると、体重は落ちなくなりました。

でも、平均体重を上回ることなく痩せたままの体重をキープしているので、
良い状態を維持するという意味では、効果は続いているのかもしれません。

ナチュレ恵を1日1個400g食べるようになってからは、
夕食後にアイスやお菓子を食べたくなるようなこともなくなり、
自然と夜の暴飲暴食もなくなりました。

便秘の効果も一時的なものでなく、しっかり続いているので、
ヨーグルトの便秘効果はあると、私は自分の変化で確信することができました。
乳酸菌の画像

ただ、乳酸菌の相性は個々の体質や腸内環境によっても違うと言われているので、
人によっては他のヨーグルトの方が効果を感じることもあると思います。

それでも、便秘に効くヨーグルトがまったくわからない時には、
こうした体験談を参考にして試していくのも、1つの近道だと思います。

どのヨーグルトを試していいかわからず迷っている人は、
ぜひ雪印メグミルクのナチュレ恵を、一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す