チアシードでダイエット成功!効果が出るまでのポイント3つ

チアシードでダイエットが成功するはずだったのに、
テレビのような効果はなかった!と感じている人のために。
ダイエット効果が出るまでのポイント3つをご紹介します。

スポンサーリンク


チアシードダイエットとは?

チアシードダイエットは、人によりやり方が多少異なるものの、
1日大さじ1杯(約10g)のチアシードを食べるのが、基本的な方法です。

栄養豊富なチアシードは、美容や健康にも良く、
ダイエット中の栄養不足をカバーし、肌荒れも防いでくれる優れもの。
チアシードの画像

人気モデルや海外セレブといった有名人も愛用しており、
美しく痩せたい人なら、一度はやってみたいダイエット法ですよね。

毎日食べるだけでいいならと思い、
実は私も、チアシードダイエットに挑戦したことがあります。

しかし、1ヶ月食べ続けても、なぜか痩せない!
体重計の画像

テレビでは、一週間で痩せた人がたくさんいたのに!

チアシードダイエットに失敗した私は、
成功する人と失敗する人では、何が違うのか調べてみることにしました。

その結果、チアシードダイエットには、
効果が出るまでのポイントが3つあることに気づいたのです。

ポイント1.チアシードは水で戻してから食べる!

面倒くさがりな私は、チアシードを買った時のまま、
乾燥したままのチアシードをヨーグルトにかけて食べていました。

普通にチアシードを食べるなら、この食べ方でも間違いではなかったのですが、
ダイエットのためなら、水で戻してから食べた方が良かったのです。
水に浸けたチアシードの画像

水に浸けて10倍以上に膨らんだチアシードを食べると、
胃に入る量が増えるので、自然と食事量を減らすことができます。

また、腹持ちがいいので、空腹感が減り、間食を防ぐこともできるのです。

毎日大さじ1杯のチアシードを水につけておき、
それを翌日に食べる習慣を作っておけば、無理なく続けることができます。
※詳細記事:チアシードの食べ方はそのまま?粉末?水の量と時間に注意!

この習慣を作るか作らないかが、ダイエット効果を上げる1つめのポイントなのです。

ポイント2.朝食でチアシードを食べる!

チアシードは1日大さじ1杯、好きな時に食べればいいと思っていましたが、
実はダイエット効果がでやすい摂取時間帯がありました。

その時間帯は、朝!
朝食に食べるのがベストだったのです。
時計の画像

チアシードに含まれるオメガ3には、脂肪燃焼を助ける働きがあり、
通勤で歩いたり、家事をして動いたりする前に食べておくと、
いつもより多く脂肪を燃焼することができます。

午前中は寝ているという人でない限り、
朝食でチアシードを食べておくことは、ダイエット効果UPにつながります。
朝食の画像

ちなみに、大さじ1杯のチアシードを朝食で一気に食べる必要はなく、
午後の運動量が多い人は、朝食と昼食に半分ずつ食べてもOKです。

このように食べる時間も意識すると、さらに痩せやすくなっていきます。

ポイント3.1日の摂取カロリーに気をつける!

チアシードを食べていても、高カロリーな食事をしていては、
痩せることはできません。

私は、普段の食事を変えないまま、チアシードを足した食生活をしていましたが、
実はチアシードのカロリーって、意外と高カロリーだったんです!

チアシードは、大さじ1杯の約10gで50kcalあります。
チアシードの画像

チアシードは高カロリー、たくさん食べたら太る危険もあるのです。

また、食事の摂取カロリーにも気を付ける必要があり、
成人1日で、男性は1500kcal、女性は1200kalがダイエット中の理想カロリーです。

チアシードだけでなく、食事量を意識するとことも大事だったんですね。

チアシードダイエットで3キロ痩せました!

3つのポイントを守ってチアシードダイエットに再挑戦した私は、
1週間で1kg、2週間で2kg、1ヶ月で3kgの減量に成功しました!
ダイエット成功の画像

運動量を増やさないで3kg痩せることができたので、
ウォーキングや筋トレをしていれば、さらに痩せていたと思います。

私と同じようにチアシードダイエットに失敗した人も、
今回の成功ポイントを意識すれば、次は必ず成功すると思います。

チアシードで無理なく、自然に、綺麗に痩せていきましょうね!

スポンサーリンク

コメントを残す