チアシードで腹痛や下痢になる?副作用について調べました

ダイエットのためにチアシードを食べる人が増える一方、
腹痛や下痢になるなど、副作用を感じる人が急増しています。
そこで、チアシードにはどんな副作用があるのか、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


本当はチアシードに副作用はなかった!

チアシードを食べて、下痢になった、逆に便秘になった、
お腹が痛い、吐き気がする、そんな症状を訴える人が増えています。

その結果、チアシードに副作用がある、危険だという口コミもでてきました。
腹痛の画像

そこで、本当に副作用があるのか、詳しく調べてみたところ、
意外にも「チアシードに副作用はない」ということがわかったのです。

ただ1つ注意したいのは、チアの植物のタネにアレルギーがあった場合、
食べた後に、かゆみや腫れ、目の充血などがでる可能性がある、ということ。

最初は小さじ1杯にするなど、少量にして、アレルギー反応を確認しておきましょう。

チアシードを食べて腹痛や下痢になる理由

チアシードに副作用はないと言っても、下痢や便秘になった人、
腹痛や吐き気が起きた人はがいるのは事実です。

じゃあ、この症状が起きた理由は何なの?と思いますよね。

辛い症状に襲われる理由、そのほとんどは、
チアシードの食べ過ぎ、又は、間違った食べ方によるものだったのです。
水に浸けたチアシードの画像

栄養豊富なスーパーフードと呼ばれるだけあり、
チアシードには、良質な油オメガ3や、食物繊維が多く含まれています。

しかし、油や食物繊維は、摂りすぎるとお腹をこわしてしまうのです。

お腹をこわさないための摂取量は、1日10g(大さじ1杯)です。

ついチアシードの効果を期待して、たくさん食べてしまう気持ちもわかりますが、
副作用のような症状をださないためにも、摂取量には気をつけましょう。

乾燥したまま食べると、逆に便秘になるので注意!

チアシードで下痢になる理由は、過剰摂取が原因だということがわかりましたが、
じゃあ、便秘はどうなのか?

その原因の多くは、間違った食べ方によるものでした。

水に浸けると10倍以上に膨らむチアシードをそのまま食べると、
体内の水分を吸収してしまうので、便が固くなってしまう恐れがあります。

もしチアシードで便秘になってしまった場合は、水分不足を疑いましょう。
チアシードの画像

また、乾燥したまま食べることは、胃の中で胃液を吸収することにもなり、
胃荒れを起こす可能性もあります。

吐き気が続く場合は、胃荒れも疑ってみましょう。

どうしても乾燥したままのチアシードを食べたい場合は、
たっぷりの水分、又は、水分の多い食べ物と一緒に摂ることを心がけてください。
チアシードヨーグルトの画像

そのままの状態のチアシードを食べ過ぎた人の中には、
食道でチアシードが膨張した結果、窒息状態になり救急搬送された人もいます。

そんなことにならないためにも、食べ方や摂取量には十分注意しましょうね!

スポンサーリンク

コメントを残す