ガセリ菌の効果は?ガセリ菌SP株とプレミアガセリ菌の違い

ダイエットやストレスに効果的な乳酸菌、ガセリ菌を摂ってみたい!
でも、メーカーによってガセリ菌の効果にも違いがあるとか。
そこで今回は、ガセリ菌を含むヨーグルトを徹底調査してみました。

スポンサーリンク


ガセリ菌で人気のヨーグルトメーカーを調査!

最近、テレビやネットでガセリ菌を紹介することが増えています。

私はストレスを低減する働きがあるサプリとして、
カルピスのココカラケアが紹介されていたのを見てガセリ菌を知りました。

しかし、乳酸菌ならヨーグルトで手軽に摂りたいと思い、
ガセリ菌を含むヨーグルトを詳しく調べてみることにしました。
調査の画像

すると、メーカーによってガセリ菌の名前や特徴が違うではありませんか!

そこで今回は、メーカー別にガセリ菌の効果を比較してみました。

独自調査では、現時点で人気のある販売メーカーは2社。

雪印メグミルクとカルピスです。

雪印メグミルクは「ガセリ菌SP株」を商品に使っており、
カルピスは「プレミアガセリ菌CP2305」を商品に使っています。
ガセリ菌2種の画像

どちらもガセリ菌であることは間違いないものの、
名前が違えば、何かしら違いはあるものです。

ということで、まずは各メーカーが発表している特徴や働きを比べ、
期待できる効果の違いを紹介していきたいと思います。

ガセリ菌SP株とプレミアガセリ菌CP2305の違い

ガセリ菌SP株の特徴や研究データは、
雪印メグミルクの公式サイトに詳しく紹介されています。
参考サイト:雪印メグミルク「内臓脂肪を減らすガセリ菌SP株

上記ページに記載されている内容を読むと、
ガセリ菌SP株は、内臓脂肪を減らす働きが1番の特徴と言えそうです。
太った画像

内臓脂肪を減らす表示が認められた機能性表示食品の商品もあるため、
ダイエット効果で選ぶなら、ガセリ菌SP株をおすすめします。

公式サイト内に掲載されている研究データでは、
1日1個、12週間の摂取で平均5.2%内臓脂肪が減少する結果がでているため、
3ヶ月間の継続摂取が、ダイエット効果を実感できる目安になりそうです。

ちなみに、プレミアガセリ菌CP2305には、
内臓脂肪を減らす働きについての表示はありません。

プレミアガセリ菌CP2305の特徴や研究データは、
カルピスの公式サイトに詳しく紹介されています。
参考サイト:CALPIS「マンガでわかるプレミアガセリ菌CP2305

上記ページに記載されている内容を読むと、
プレミアガセリ菌CP2305は、ストレス症状の緩和が1番の特徴と言えそうです。
リラックスの画像

カルピスの実験結果では、リラックス効果や安眠効果が認められているだけでなく、
便秘や下痢の改善効果があることもわかっています。

プレミアガセリ菌CP2305の資料を取り寄せてみたところ、
ストレスによる不安感、不眠度、腹痛症状が低下した試験結果も掲載されており、
その効果は、4週間の継続摂取で認められていました。

となると、1ヶ月間の継続摂取がストレス緩和効果を実感できる目安になりそうです。

他にも双方いくつかの効果が紹介されていましたが、
免疫力向上など、他の乳酸菌でも期待できる効果ばかりでした。

ただ、ガセリ菌SP株もプレミアガセリ菌CP2305も、
乳酸菌の中でも、整腸作用が優れているようです。
乳酸菌の画像

つまり、ガセリ菌の整腸効果としてはどちらも優れているが、
ダイエット効果ならガセリ菌SP株が優れており、
ストレス症状の緩和効果ならプレミアガセリ菌CP2305が優れている。

2種類のガセリ菌を調べた結果、このような結論に至りました。

ガセリ菌SP株の含まれているヨーグルト商品一覧

次に、ガセリ菌SP株が含まれている商品を調べてみたのでご紹介します。

メーカーは、すべて雪印メグミルクです。

1.ナチュレ恵megumi(400g)
2.ナチュレ恵megumi脂肪ゼロ(400g)
3.ナチュレ恵megumiフルーツヨーグルト(70g×4個)
⇒1~3の商品には、ガセリ菌SP株に加え、ビフィズス菌SP株が含まれています。

4.恵megumiガセリ菌SP株ヨーグルト
5.恵megumiガセリ菌SP株ヨーグルトドリンクタイプ
6.恵megumiガセリ菌SP株ヨーグルトアロエ
7.恵megumiガセリ菌SP株豆乳仕立て
⇒4~7の商品には、ガセリ菌SP株のみ含まれています。

この中で私のおすすめ商品は「ナチュレ恵megumi(400g)」です。
ナチュレ恵の画像

100gあたり63kcal(炭水化物は5.2g)とカロリー控えめで、
原材料は生乳と乳製品だけなので、余計なものも入っていません

なにより、スーパーに置かれていることが多いので、
市販で手に入れやすい。

プレーンタイプなので、はちみつをかけて食べたりしても美味しく、
他商品よりもアレンジでき、続けやすいヨーグルトだと思います。

プレミアガセリ菌の含まれているヨーグルト商品一覧

次に、プレミアガセリ菌が含まれている商品も紹介したいと思います。

メーカーは、すべてカルピスです。

といっても、カルピスは現時点でヨーグルト商品は出しておらず、
プレミアガセリ菌を含むヨーグルトは残念ながらありません。

しかし、乳酸菌飲料「届く強さの乳酸菌(PET200ml)」には含まれています。
届く強さの乳酸菌の画像

腸内環境を改善する機能が認められた機能性表示食品として売られており、
表面上はストレス症状の緩和作用について触れられていませんが、
プレミアガセリ菌が100億個含まれていることは確かです。

カルピスとしては、同じ菌でも別名のC-23ガセリ菌で紹介している配合サプリ、
「ココカラケア」の方でストレス緩和効果を売りにしたいのかもしれません。

どういう考えにせよ、プレミアガセリ菌を含む商品は、
現時点で「届く強さの乳酸菌」と「ココカラケア」の2商品だけです。
プレミアガセリ菌商品の画像

ちなみに、ココカラケアはカルピスの公式通販サイトに加え、
楽天のカルピス公式ショップでも購入できるようになっています。

ただ、同じ菌が含まれていても効果の実感に差を感じている人もいたので、
サプリもドリンクも、両方とも試してみる価値はあると思います。

ガセリ菌は株が違えば効果も違う

2つのガセリ菌を、雪印メグミルクはガセリ菌SP株、
カルピスはプレミアガセリ菌やC-23ガセリ菌という名前で紹介していますが、
どちらも正式名称は1つです。

ガセリ菌SP株の正式名称は「ラクトバチルス・ガセリSBT2055株」

プレミアガセリ菌の正式名称は「ラストバチルス・ガセリCP2305株」

こうして見比べてみると、同じ菌種でも、株は違うことがわかります。

株が違うだけでも、特徴や効果は大きく変わるもんなんですね。

ガセリ菌の効果については、別サイトの記事になりますが、
ガセリ菌は何に効く?C-23ガセリ菌のストレス効果とは?も参考になるので、
合わせて読んでみることをおすすめします。

もし特定の効果を期待してガセリ菌を摂取する時は、
ガセリ菌間違いをしないよう、くれぐれもご注意くださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す