【白菜はくさい】冷凍・冷蔵で長持ちする保存方法と保存期間

白菜(はくさい)が長持ちする保存方法を知りたい!という人のために、
レシピサイトや本を参考に、冷凍・冷蔵する時のコツをまとめました。
白菜の正しい保存方法とともに、保存期間の目安もご紹介します!

スポンサーリンク


白菜が長持ちする冷蔵の保存方法

白菜(はくさい)を保存する時は、水分の多い野菜なので、
長持ちさせるには、芯をくりぬくことが重要です。

そのため、白菜の芯をくりぬき、そこに水を含んだ新聞紙かペーパータオル詰め、
新聞紙に包んで立てて冷蔵庫に入れる
のが、長持ちする保存方法だと言われています。
白菜の芯の画像

参考にクックパッドで人気の白菜の保存レシピを見てみましょう。

白菜はカットしてからも成長を続けているので、
長期保存にはこの芯を切り取るか、横に何本か切り込みを入れると成長を止めます。
切り込みではなく、我が家はカットして取り除きました。
芯をそのままで保存するより、日持ちしました☆お試しあれ♪
引用元:白菜の長持ち保存法

試しに、私もこの方法で冷蔵保存してみたところ、
1週間経っても葉はフニャフニャにならず、鮮度がキープされていました。

では、マヨネーズで有名なキユーピーの公式サイトで紹介されている
白菜の保存方法も見てみましょう。

外葉からはがして使う場合は、芯に切り込みを入れて水を含んだ新聞紙をはさみ、
ラップで包んで冷蔵庫の野菜室で立てて保存しましょう。
一方、カットした白菜は傷みやすいので、ラップで包んで冷蔵庫で保存し、
早めに使い切りましょう。
引用元:白菜の保存方法

こちらでは、丸ごとの場合、カットしてある場合で、別々に紹介しています。

白菜は、丸ごと保存するか、カットしたものを保存するかでも、
保存方法、保存期間が変わってきます。

実際、丸ごとの状態なら、涼しいところに置けば常温保存もできますが、
4分の1サイズなど、カットされた白菜は傷みやすいので、それができません。
白菜4分の1の画像

白菜の保存期間は、季節によっても違いがあり、
丸ごとの状態での保存なら、冬は最長で1ヶ月、春夏秋は最長で2週間、
カットした状態での保存なら、冬は最長で2週間、春夏秋は最長で1週間です。

今回紹介した長持ちする保存方法をせず、買ってきたまま保存した場合は、
もっと短い期間になってしまうので、十分ご注意ください。

白菜はスペースをとる野菜なので、つい保存が雑になりがちです。

立てて保存できる場所がなければ、なるべく早く使い切ることをおすすめします。

白菜が長持ちする冷凍の保存方法

白菜が冷蔵庫に入らなくても長持ちさせたい時は、冷凍保存がおすすめです。

1番簡単で長持ちする冷凍の保存方法は、
白い軸と葉の部分を分け、使いやすい大きさに切り、
それぞれ軸と葉で別々の冷凍用保存袋に入れて冷凍する
というもの。

冷凍した場合の保存期間は、最長でなんと1ヶ月です!
白菜の軸と葉の画像

季節やカット状態に関係なく最長1ヶ月もつので、
冬の丸ごと保存以外は、冷凍してしまった方が簡単に長持ちします。

参考にクックパッドで人気の白菜の冷凍保存法も見てみましょう。

1.白菜はよく洗い、ざるにあげ水を切る。
1/4の白菜は外側ではなく内側の葉からはがして使うといい。
2.芯の部分と葉の部分にわける。
3.芯は長さ2,3等分にして縦にして端から5ミリ幅に切って棒状にする。
4.葉はざく切りにする。
5.それぞれを別のフリーザーバッグに入れる。
引用元:【野菜の冷凍保存】白菜

このレシピでも、軸と葉を別々に保存していますね。

単純にざく切りして冷凍しても、2週間以上は保存可能ですが、
このように軸と葉を分けて保存した方が、より長持ちするのでおすすめです。

ただ、1~2週間で使い切る予定で、冷蔵スペースがなくて冷凍するなら、
ざくざく切って、まとめて保存袋に入れても問題ないと思います。

その時々で、ぜひ使い分けてみてください。

冷凍した白菜は、凍ったまま調理へ

白菜は冷凍するとシャキシャキ感がなくなってしまうので、
基本的に生では使えず、スープや鍋物に使うことがおすすめされています。

解凍した白菜は水けが多いので、一度しぼれば炒め物にも使えます。

サッと茹でて細かく刻んでから水けをしぼれば、
餃子のタネに使いやすい白菜にもなってくれます。
餃子のたね画像

基本的に生の白菜を食べたい、白菜のシャキシャキ感を味わいたいと言う場合は、
保存期間は短くなりますが、やはり冷蔵保存にしておく必要があります。

煮込んでトロッとした白菜が食べたいなら、冷凍でもおいしくできますし、
どんな料理に使うかでも、冷蔵・冷凍の選び方は変わってくると思います。

冷蔵も冷凍も、どちらも紹介した方法で保存すれば、思った以上に長持ちするので、
ぜひうまく使い分けてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す