LG21はピロリ菌に効果的!R-1ヨーグルトとの違いは?

LG21は明治が保有するリスクと戦う乳酸菌ですが、
実際にはどんな効果があるのか、いまいちよくわからない!
そこで今回は、LG21の効果とR-1ヨーグルトとの違いを詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


LG21は、ピロリ菌に強い!

最近は、テレビのCMでもよく見かけるようになったLG21ヨーグルト

リスクと戦う乳酸菌として大々的に売られているものの、
実際どんなリスクと戦ってくれるのか、わからない人も多くいます。

そこで、LG21の効果を詳しく調べてみたところ、
LG21には、ピロリ菌を減らす効果があることがわかりました。

つまり「ピロリ菌と戦う乳酸菌」なのです。
LG21の画像

リスクというのは、ピロリ菌のことだったんですね。

近年、日本人の2人に1人はピロリ菌を保有している可能性があり、
胃がんの原因は、高い確率でピロリ菌のせいだと言われています。

基本的にピロリ菌の除菌は、病院の処方薬で行われますが、
薬を飲み続けている間、LG21ヨーグルトを食べておくと、
ピロリ菌がより減少しやすくなる効果も期待できるとも言われています。

明治の公式サイトには「胃で働く乳酸菌」として紹介されていたり、
胃のリスクと戦ってくれる乳酸菌と言うこともできそうです。
お腹の画像

もちろん、他の乳酸菌入りヨーグルトと同じように、
LG21には腸内環境を整える働きもあります。

しかし、胃の環境を整える働きの方が強く、
ピロリ菌を減らす効果が一番期待できる乳酸菌といえます。

今後は、ピロリ菌が気になったらLG21と覚えておくことをおすすめします。

R-1ヨーグルトとの違いは?

R-1(アールワン)は、LG21とよく間違われている乳酸菌です。

どちらも明治のヨーグルトで、パッケージデザインが似ている他、
スーパーでは隣りに陳列されていることが多いのです。

赤いパッケージがR-1。青いパッケージがLG21。
R1とLG21の画像

名前の違いはもちろん、パッケージの色の違いもありますが、
実は期待できる効果にも大きな違いがあります。

先ほど、LG21はピロリ菌を減らす効果があるとお話しましたが、
R-1には、そのような効果は認められていません。

しかし、R-1は強さ引き出す乳酸菌なので、
免疫力を引き出す働きがあります。

そのため、R-1は風邪やインフルエンザ予防に効果的なんです。

免疫力を高めたい、インフルエンザにかかりたくない、
そんな時には、R-1ヨーグルトの方がおすすめです。

ピロリ菌が気になる時はLG21、インフルエンザが気になる時はR-1
こうした効果の違いで選ぶのもいいですね。

カロリーが気になる時は、低糖・低カロリーがおすすめ!

ピロリ菌を減らす目的でLG21を食べようと思うなら、
最低でも1ヶ月以上は食べ続けないと効果は薄いと言われています。

しかし、毎日食べるとなると、気になるのはカロリーです。

食べ切り、または飲み切りタイプしか販売されていないため、
種類は豊富でも、その多くは意外とカロリー高めだったりします。

名前だけで見れば、砂糖0(さとうゼロ)が一番カロリーがなさそうですが、
実は一番カロリーが少ないのは「ドリンクタイプ低糖・低カロリー」です。
LG21ドリンクタイプの画像

1本112mlあたり、カロリーは52kcal。

糖質制限でも、炭水化物10g以下ならOKと考えている人も多いなか、
低糖・低カロリータイプの炭水化物は8.0gとクリアしています。

今後、プレーンタイプのヨーグルトも販売してほしいところですが、
時点では、ドリンクタイプの方がカロリー的に続けやすいと言えそうです。

ちなみに、ヨーグルトなのでカルシウムも摂れますよ。

ただ、続けるためには好きな味かどうかも重要だと思うので、
たまには違うタイプも食べてみるといいかもしれません。

LG21で、じっくりピロリ菌を減らしていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す