スーパーフードで人気のキヌアとは?栄養・効果・効能まとめ

テレビでもよく紹介されるスーパーフード「キヌア」とは、
一体どんな食材なのか?何がすごいのか?
キヌアの栄養から効果・効能まで、詳しく調べてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク


スーパーフードで人気のキヌアとは?

小さい白ゴマのような見た目のキヌアは、ヒエやアワと同じ分類の「雑穀」です。

主にペルーやボリビアで作られており、生産量の9割が南米産となっています。

日本では、テレビでの紹介数が増えた2015年から人気に火がつきましたが、
世界的には、数十年前もから注目され、人気も年々上昇している状況です。
ペルー産キヌアの画像

国際連合(国連)では、キヌアの優れた栄養に注目し、
2013年を「国際キヌア年」と定め、世界的な普及にも力を入れています。

また、NASAでは、宇宙に持っていく食材の候補に上げているなど、
キヌアの栄養価の高さは、世界トップクラスといっても過言ではなさそうです。

では実際に、どれだけすごい栄養がつまっているのか?
カロリーはどれくらいあるのか?チェックしていきたいと思います。

キヌアの栄養とカロリーは?

キヌアの100gあたりのカロリーは、約323kcalとなっています。

白米と比べると、カロリーはマイナス約33kcal、
数字だけで見れば、若干カロリーオフできる、といった感じでしょうか。
キヌアの画像

次に、100gあたりに含まれる主な栄養を見てみましょう。

たんぱく質13.4g、食物繊維4.8g、カルシウム35.8mg、鉄4.5mg

この数字だけ見てもよくわからないと思うので、白米と比べてみました。

すると、キヌアは白米に比べ、
たんぱく質は約2倍、
食物繊維とカルシウムは約6倍、
 鉄分は約9倍!も多く含まれていることがわかりました。

この飛び抜けた含有量が、スーパーフードと言われる証でもあり、
世界的におすすめされる理由なんでしょうね。

この他にもキヌアには、必須アミノ酸、葉酸、亜鉛、フェトエストロゲンなど、
女性の美容と健康をサポートするような成分も含まれています。

キヌアの効果・効能は?

キヌアの効果・効能といえば「ダイエット効果」が有名です。

これは、GI値が低い食品であること、炊くと2倍以上に膨れること、
タンパク質や食物繊維など、痩せ体質になれる栄養が多く含まれているためです。

NHKのテレビ番組「あさイチ」の情報によれば、
キヌアを1日20g食べ続けると、コレステロールや中性脂肪を減らすことができる
という研究結果もあるとのこと。
ダイエットの画像

世界の歌姫ビヨンセもキヌアダイエットに成功しており、
美しく痩せられるダイエット食材のイメージが定着しつつあります。

しかし、キヌアの効果・効能はダイエットだけじゃありません。

便秘改善、貧血の改善・予防、美肌作用、アレルギー症状の緩和、
ストレスの緩和、更年期障害の改善など。

女性ホルモンに似た成分「フェトエストロゲン」を含んでいるため、
こうした女性に嬉しい働きもたくさんあります。

キヌアは、女性の味方といえるスーパーフードなのです。
キヌア商品画像

最近では、一部のスーパーでも買えるようになってきましたが、
近くで売っていない場合は、通販がおすすめです。

あなたの食事にも、1日20gのキヌアを取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す