スピルリナに副作用があるって本当?便秘や腎臓病への危険性

スピルリナを飲んでみたいけど副作用が心配という方のために、
便秘や下痢になる、腎臓病の人は飲んではいけないなど、
ネット上で広まっている危険性は本当なのか、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


スピルリナに副作用はある?

藻の一種であるスピルリナは、天然の植物です。

そのため海藻を食べる感覚で摂っている人も多く、
サプリで飲んでいる人も、安心して飲み続けている人が多くいます。

もちろん、スピルリナは自然の食べ物なので、
薬ほど副作用を心配する必要はないと言われています。

しかし、スピルリナを飲んで副作用のような症状がでる人も、
ごくまれにいることがわかっています。

副作用としての主な症状は、肌のかゆみ、胃の不快感です。
腹痛の画像

どんなサプリにも、体質に合わない場合は服用を控えるよう注意書きがありますが、
スピルリナも同じく、やはり体質によって合わない人もいます。

また、病院でワーファリンを処方され飲んでいる人は注意が必要で、
薬剤効果が低くなる危険があるため、服用は控えた方がいいと言われています。

その他にも、医師から食事内容を制限されている時は、
スピルリナは摂取しても大丈夫か事前確認した方が良いようです。

スピルリナで便秘や下痢になったら?

口コミを見ていると、スピルリナで便秘が解消したという人がいる反面、
逆に便秘になった、下痢になったという人がいることもわかりました。

そして、便秘はスピルリナの副作用だと思う人もいるようですが、
便秘になる主な原因は水分不足だと言われています。
水分補給

飲んでいるスピルリナの量に対し水分摂取量が足りていない可能性が高いので、
もし飲んでから便秘になった人は、いつもより多めに水分を摂ってみましょう。

また、スピルリナは乳酸菌飲料と一緒に摂ると良いと言われているため、
飲むヨーグルトなどで水分量を増やしてみるのもおすすめです。

ちなみに、便秘ではなく下痢になってしまったという場合は、
飲む量を減らすと改善されることが多いようです。
スピルリナサプリ

便秘や下痢になれば、継続摂取しようか悩んでしまうと思いますが、
水分量と摂取量の調整をして1週間ほど飲み続けることができると、
たいていの人は便の状態が落ち着いてくると言われています。

スピルリナを飲んで便秘や下痢になる人は腸内環境が悪い可能性もあります。

腸内環境を良くするためにも、対策をして症状が落ち着いていくようなら、
無理のない範囲で、飲み続けてみることをおすすめします。

スピルリナの副作用と腎臓の関係は?

ネット検索を利用してスピルリナの副作用を調べていると、
関連キーワードに、腎臓と表示されることがあります。

スピルリナは腎臓によくないのかと、心配になる人もいると思いますが、
腎臓が健康な人は、特に心配するようなことはないようです。

では、なぜ腎臓というキーワードがでてくるのかというと、
腎臓病など、腎臓に疾患を持っている人は注意が必要だからです。
ハートの画像

スピルリナには、たんぱく質やカリウムが含まれています。

腎臓が健康な人にとっては体に良い成分になることが多いものの、
たんぱく質とカリウムは、腎臓病の人には悪影響を及ぼす危険があるのです。

そのため、腎臓の悪い人はもちろん、調子がよくないと思っている人は、
医師に相談してから、服用を決めることをおすすめします。

海藻アレルギーや過剰摂取にもご注意を!

スーパーフードでもあるスピルリナは、基本的に栄養価の高い藻(海藻)です。

海藻は、今の日本人があまり食べなくなっている食べ物でもあるので、
積極的に摂るべきだと考えることもできます。

しかし、ごくまれに海藻でアレルギーを起こす人もいます。

もし今までの食生活の中で、海藻類を食べた後に不調を感じたことがある人は、
医師に相談してから飲みはじめることをおすすめします。
スピルリナ原末

サプリのように錠剤タイプになっているものだと、
1日20錠~40錠と、かなり多い量が1日摂取量になっていることが多いので、
体に合うか心配な方は、少量から摂りはじめた方が安心かと思います。

逆に飲み慣れてきて、スピルリナで何かしらの効果を感じてくると、
ついつい摂取量を増やしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、どんなサプリや食べ物にも、適正量というものがありますので、
スピルリナの1日摂取量は、各商品メーカーの記載を守りましょう。

一定量を超えると、いくら飲んでも効果は変わらないとも言われていますので、
賢くうまく服用していくことをおすすめします。

スピルリナの販売店に問い合わせることで心配事が解消されることも多いので、
気になることがでてきた時は、販売メーカーにも聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す