タイガーナッツでダイエット!1日の摂取量と効果的な食べ方

タイガーナッツでダイエットをしてみたい人のために、
1日の摂取量とダイエットに効果的な食べ方を調べてみました。
食べ過ぎると太る危険はあるのか、タイガーナッツのカロリーもご紹介します!

スポンサーリンク


タイガーナッツのダイエット効果について

食物繊維が豊富なスーパーフードとして、最近話題になっているタイガーナッツ

「あさチャン」をはじめ、テレビで紹介されることも増えてきて、
最近では、楽天やamazonのランキングでも見かけるようになってきました。

タイガーナッツを食べるのは、美容や健康のためと言う人もいますが、
やはり一番注目されているのは、便秘やダイエットへの効果です。
タイガーナッツの画像

タイガーナッツ100gには、食物繊維が約30g含まれています。

この量は、ナッツの中で食物繊維の多いアーモンドと比べても2倍以上の量で、
ピーナッツや落花生、くるみと比べると、約4倍もの量になります。

この圧倒的な食物繊維の量が、便秘を改善し、痩せ体質へと導いてくれるのです!
脂肪の画像

ちなみに、ナッツと比較してしまいましたが、
タイガーナッツは、木の実ではなく「野菜」です。

地面の下になるジャガイモやサツマイモと同じように、
カヤツリグサという植物の根っこにできるものなんです。

タイガーナッツは、食物繊維が豊富で腹持ちの良い野菜と覚えておきましょう。

1日の摂取量は8粒、カロリーはたったの20kcal!

タイガーナッツの1日の摂取量は、8粒がおすすめされています。

見た目がナッツみたいなので、カロリーが気になる人もいると思いますが、
1粒が約2.5kcalなので、8粒食べても20kcal程度なんです。

ちなみに、100g中のカロリーは販売メーカーによって多少違いがあるので、
平均的に考えて、100gで500kcalだった場合で計算しています。
※タイガーナッツ1粒の重さは、約0.5gとしています。
タイガーナッツの画像

くるみも1日の摂取量は8粒がおすすめされていますが、
カロリーは1粒20kcalなので、8粒食べたら160kcalにもなってしまいます。

タイガーナッツは、くるみの8分の1のカロリーだとわかると、
低カロリーに思えて嬉しいですね。

ただし、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

他のナッツより低カロリーだから、野菜だからといって、
1日の摂取量を越えて食べてしまうと、逆に太ってしまうかもしれません。

ダイエットに効果的な食べ方は?

タイガーナッツには、皮がついているのですが、
ほとんどのメーカーは、皮なしタイプを販売しています。

そのため、くるみやアーモンドのように、そのまま食べれます。

基本的には、1日8粒を好きな時に食べるだけで良いのですが、
ついお菓子を食べてしまう人は、お菓子代わりとして食べるのがおすすめです。
タイガーナッツの画像

また、食事をする前に2~3粒食べると、食事量を減らせる効果が期待できるので、
効率よくダイエットしたい人は、食前に食べるのもおすすめです。

ちなみに、タイガーナッツを食べる時は、砕いて食べましょう!

砕いて食べると、栄養が吸収されやすくなります。

もし砕いて食べるのが面倒ならば、よく噛んで食べることを意識するだけでも、
便秘やダイエットに効果的な食べ方となります。

手間なく簡単に食べられるタイガーナッツなら、
無理なく続けられると思うので、あなたも一度食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す