乳酸菌のおすすめは?市販プレーンヨーグルト人気ランキング

乳酸菌がおすすめのプレーンヨーグルトが知りたい、という人のために、
スーパーで買えるヨーグルトを徹底調査!
乳酸菌のおすすめ効果による、人気ランキングをご紹介します。

スポンサーリンク


スーパーで買えるプレーンヨーグルトを調査!

ダイエットや美容など、健康効果が多く報告されているヨーグルト。

できれば毎日食べたいと思っている人は多いと思いますが、
各メーカー、含まれる乳酸菌が違うので、
どれを買おうか迷ってしまう、という人も多いと思います。

テレビ、主治医が見つかる診療所でヨーグルトを特集した時は、
どのヨーグルトを選んでも、一定の効果は期待できると紹介していました。
スーパーのヨーグルト写真

その理由は、どのヨーグルトを選んでも、
最低、1mlあたり1000万個以上の乳酸菌が含まれていることが、
厚生労働省の乳等省令により、定めされているからだと言います。

しかし各メーカー、乳酸菌の効果に違いがあるのも事実です。

そこで今回は、スーパーで買えるヨーグルトの中でも、
プレーンヨーグルトに注目!

乳酸菌の効果を調べ、おすすめ人気ランキングを作成してみました。

乳酸菌の効果でヨーグルトを選びたいという人は、
よければ参考にしてみてください。

プレーンヨーグルトおすすめ人気ランキング

楽天やamazonなど、通販で売れているヨーグルトも参考にして、
市販の人気とおすすめ順に、上位5商品をまとめました。
ヨーグルト5種の画像

プレーンヨーグルトおすすめ人気ランキングとして紹介していきますので、
スーパーで購入する際の参考にしてもらえたら嬉しいです!

では、いざ発表です!

第5位 クレモリス菌FC株「カスピ海ヨーグルト」

アトピー性皮膚炎が気になる人におすすめなのが、
クレモリス菌FC株を含む「カスピ海ヨーグルト」です。
カスピ海ヨーグルトの画像

プレーン100gあたりエネルギー66kcal、糖質4.6gとなっています。

クレモリス菌FC株の効果としては、
アレルギー症状(アトピーや花粉症)の改善、
中性脂肪を減らす、糖尿病の予防・改善などが上げられます。

アトピーへの効果はテレビでも紹介されたことがある他、
健康のため、医師もおすすめするヨーグルトでもあります。

カスピ海ヨーグルトは他のメーカーでも販売していますが、
カロリーや糖質、人気度を考えるとフジッコのカスピ海ヨーグルトがおすすめです。

第4位 LB81乳酸菌「明治ブルガリアヨーグルト」

腸内環境を改善したい人におすすめなのが、
LB81乳酸菌を含む「明治ブルガリアヨーグルト」です。
ブルガリアヨーグルトの画像

プレーン100gあたりエネルギー62kcal、糖質5.3gとなっています。

LB81乳酸菌の効果としては、
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす、腸内皮細胞の腸管バリア機能を高める、
腸内の免疫細胞に働きかける効果などが上げられます。

特におすすめの種類は、プレーン贅沢クリーミー生乳100(320g)です。
エネルギー64kcal、糖質4.7gで、糖質は一番低くなっています。

第3位 ビフィズス菌「小岩井生乳100%ヨーグルト」

腸内環境を改善しながら、美味しいヨーグルトを食べたい人におすすめなのが、
ビフィズス菌を含む「小岩井生乳100%ヨーグルト」です。
生乳ヨーグルトの画像

プレーン100gあたりエネルギー65kcal、糖質4.6gとなっています。

特定保健用食品として、
生きたビフィズス菌(ビフィドバクテリウム・ラクティスBB-12)の働きにより、
腸内の環境を改善し、おなかの調子を良好に保つ表示が許可されています。

ビフィズス菌の効果としては、整腸効果と免疫力アップ効果が上げられます。

他のヨーグルトよりも魅力的な効果は少ないものの、
なめらかさがすごいので、美味しいヨーグルトを食べたい人におすすめです。

第2位 ビフィズス菌BB536「ビヒダスヨーグルト」

花粉症が気になる人おすすめなのが、
ビフィズス菌BB536を含む「ビヒダスヨーグルト」です。
ビヒダスの画像

プレーン100gあたりエネルギー65kcal、糖質5.5gとなっています。

ビフィズス菌BB536の効果としては、
花粉症の予防・改善、大腸がんや潰瘍性大腸炎の予防、
超悪玉菌「フラジリス菌」の除菌作用などが上げられます。

フラジリス菌は、腸に悪影響を及ぼし、大腸がんを発症する原因にもなるという
悪玉菌の中でもかなり悪い、超悪玉菌です。

保有率としては10人に1人という研究結果が発表されているので、
ストレスの多い生活をしている人にもビヒダスはおすすめです。

第1位 ガセリ菌SP株「ナチュレ恵」

内臓脂肪を減らしたい人(ダイエット)におすすめなのが、
ガセリ菌SP株を含む「ナチュレ恵」です。
ナチュレ恵の画像

プレーン100gあたりエネルギー63kcal、糖質5.2gとなっています。

ガセリ菌SP株の効果としては、
内臓脂肪を減らす、免疫力向上、ストレスの緩和などが上げられます。

ガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株、2つの善玉菌が入っているので、
他のヨーグルトよりも、期待できる効果が多い印象があります。

ストレス緩和効果もあるので、今イチオシのヨーグルトです。

ちなみにビフィズス菌SP株の方は、O-157の感染リスクを減らすなど、
病原性大腸菌に効果があると言われています。
ナチュレ恵の写真

以上、プレーンヨーグルトおすすめ人気ランキングでした。

ちなみに、より自分に合うヨーグルトの選び方は、
1つのヨーグルトを決めて、2週間連続で食べてみることです。

2週間後、ウンチの具合がすごく快適で、ウンチがウンチくさくなければ
その人の腸にすごく合っている確認になるそうです。

あなたも自分が気になった効果のあるヨーグルトを順に選んで、
1つずつ順に試してみてはいかがでしょうか?

ヨーグルトで、あなたの腸内環境が良くなることを願っています!

スポンサーリンク

コメントを残す